組織

品質保証部

LDO製品の品質に対し常に取り組み続ける品質保証部は、生産過程からお客様への発送にいたるまでの各オペレーションがcGMPおよびISO 9001規格に適合していることを、標準作業手順に的確に従うことにより常に保証しています。品質保証はLDOの根本信条のひとつで、標準作業手順の定期改訂と通年の従業員教育を通じ、最新の規格・規制を社内品質管理システムに取り入れる準備体制を常に整えています。

品質管理部

最先端の分析機器と優秀な分析員を抱える品質管理ラボは、製造サイクルで使用される原材料の品質とLDO製品の高い品質を保証することができます。化学ラボと新設の160平米強の細菌学ラボを備えたLDO品質管理ラボ内では、原材料や製品の承認に必要なすべての分析を行うことが可能です。品質管理部の優秀な分析員は、新しい分析方法の実地作業を通じ、常に研修を重ねています。

製造部

独立した専用製造ライン、常に改善を重ねるコンタミネーションコントロールを備えたクリーンルーム、そしてcGMP規格にのっとった機材を使用することで、LDO製品は各国(EP、JP、USP)の薬局方、cGMP規格に適合していることが常に保証されてます。cGMP規格に従って昨今建設された新製造ラインにより、さらに生産量の増加が保証され、お客様の需要を満足できるようになりました。50年以上にわたるグリコサミノグリカン(ムコ多糖)と貧血治療用鉄誘導体の製造経験をほこるLDOは、今日この分野におけるリーディング企業のひとつとなっています。

営業部

LDO営業本部は、主要市場に自社営業部員を常時配置すること、そしてきめ細かい代理店やディストリビューターのネットワーク、業界イベントや見本市への積極的な参加により、全世界におけるディストリビューションを可能にしています。顧客層は薬品、化粧品、栄養食品分野の多国籍企業から地方企業まで多岐に広がっています。LDOの全生産量のうち70%が輸出製品であり、極東(日本と韓国)および欧州に精力的に焦点を当てていることが特徴です。

研究開発部

何十年にもわたる研究により熟成した知識と動物臓器由来の医薬品原薬の抽出・精製過程の開発により、LDO研究開発部はグリコサミノグリカン(ムコ多糖)製造過程の効率を最大に引き上げることを可能としました。様々な国でのグリコサミノグリカン(ムコ多糖)製造過程に関する特許も取得しています。今日、LDOの研究開発部は、LDO製品の高い品質を保証するため、生産部と密接なコンタクトを取り続けて活動しています。